eライブラリアドバンスが、どのような場面でどのように活用できるのかをご紹介しています。
手軽にいろいろな使い方ができますので、ぜひご活用ください。

     ・学習内容の定着を図る
     ・系統別に段階を踏んで学習する
     ・課題を出題し個別指導する

 ・単元の要点を確認する
 ・単元の理解度を確認する

     ・苦手を学びなおす
     ・今日の学習をふりかえる
     ・ふりかえりを確認する

 ・定期試験範囲の理解度を確認する
 ・定期試験範囲に絞って学習内容の定着を図る

     ・英語のリスニング力をつける
     ・いろいろカード帳で反復学習する

 ・プリント教材を編集する
 ・カード帳を作成する
 ・オリジナル問題で指導する
 ・授業用プリントを作成する

 ・家庭学習を習慣づける
 ・タブレットなどを持ち帰り学習する

活用モデルは、PDFファイルで提供しております。PDFファイルをご覧になるには『AdobeR ReaderR』が必要です。AdobeR ReaderRはアドビシステムズ社のホームページよりダウンロードできます。右のバナーをクリックしてダウンロードページにお進みください。